HG ZGMF-1000 ザクウォーリア まとめ

ザクウォーリアのHGを作り終えての感想です。


可動について


可動はまぁまぁ良好です。
シールドもボールジョイントでぐりぐり動きます。



塗装について


塗装場所はビームトマホークやハンドグレネードの一部、ビーム突撃銃のスコープ部分などでしょうか。
けっこう色分けはされているのでそのままでもかっこ良かったです(*^^*)



武装・付属品


対ビームシールド、ビーム突撃銃、ビームトマホーク、ハンドグレネード、持ちて各2種類




感想


HGなのでさらーっと作れるのに、それだけでけっこう良く出来てる印象です。
しいて言うなら、全塗装して色々やってみると様々な改造とかができそうな機体。
素組もよし!改造もよし!で楽しい機体でした(*^^*)



以上、ザクウォーリアのまとめでした!





スポンサーサイト

HG ZGMF-1000 ザクウォーリア その4

今回はザクウォーリアその4です。
その4では武装を作って、仮完成。そしてスミ入れトップコートつや消しを吹いて完成です!


IMG_0485.jpg 
左から対ビームシールド、ビームトマホーク、ビーム突撃銃となってます。
ビームトマホークは1パーツです。





IMG_0486.jpg 
持ちては武装持ち手と開いてる手の左右2セットずつです。




そして上半身と下半身を取り付けて完成。

IMG_0487.jpg
左肩にボールジョイントでビームシールドがつきます。
ボールジョイントなので自由に動きます。 


IMG_0490.jpg 
ビーム突撃銃は腰部分に収納?取り付けできるようになってます。




そして分解してタミヤエナメル塗料でスミ入れ。

IMG_0492.jpg IMG_0526.jpg 
この後トップコートつや消しをふいてみました。
腰部分についてるハンドグレネードにちょこっとだけガンダムマーカーのホワイトで塗ってみました。





IMG_0528.jpg 

ビームトマホークはピンク色を持ってないので、ゴールドで塗ってみました(笑)
ガンダムマーカーのゴールドって隠蔽力っていうんでしょうか、
ホワイトと違って塗ると下地の色がきれいに隠れてくれるので塗りやすかったです(*^^*)



ただ塗りやすいからといって塗りすぎるよりワンポイントで塗ったほうがかっこいいかなぁと個人的には思うので、次からはビームトマホーク系にはゴールドやめようと思います( ・ั﹏・ั)



と、これでザクウォーリアが完成ですが何度も言ってますがモノアイかっこいいです。
選んだ長男も「おーっ!かっこいい♪」と見てました。



量産型には量産型のかっこ良さがありますね。




HG ZGMF-1000 ザクウォーリア その3

今回はザクウォーリアの続きのその3です。
その2では上半身を作ったので、その3では下半身を作っていきます。



まずはウエスト部分。

IMG_0480.jpg IMG_0481.jpg 
サイドアーマーなど結構開きます。
サイドアーマーにはハンドグレネードが装着できます。


色分けしたりするとかっこよくなりそうです。





続いて足部分。

IMG_0482.jpg IMG_0483.jpg 
膝関節は90度以上曲がります。
ポージングなどけっこう自由度高めです(*^^*)

IMG_0484.jpg 
これにて下半身完成!


けっこうずっしりした構えです。
脚部横にあるバーニアとかかっこいいですね。


色分けしたり、プラ板とかで改造したらかっこよくなりそう。
量産型のグリーンがエコな感じでいいです(^o^)



あとは武器とスミ入れなどしてひとまず完成になりそうです!




HG ZGMF-1000 ザクウォーリア その2

今回はザクウォーリアの続きのその2です。
その2は上半身を作っていこうと思います。




まずは顔から。

IMG_0474.jpg 
長男が選んだザクウォーリアですが、本人曰く「目が1つのがかっこいいねん!」となかなか渋い好みをしてます。

ちなみにレッドフレームを選んだ次男はガンダムフェイスが好みのようです(^^)




胸部分と腕です。

IMG_0475.jpg IMG_0476.jpg IMG_0477.jpg 
腕は約90度ほどまがります。
また肘の上の部分が回転するので可動範囲は最近のHGと一緒で広いです。




シールドは手ではなくて肩パーツにはめます。

IMG_0478.jpg 
ボールジョイントなので角度は色々変更できます。
手に持たせるほうがしっくりきますが、このほうが可動範囲はいい感じです。


が、ただ回しすぎるとポロッととれてしまうのでご注意を。





これで上半身が完成。

IMG_0479.jpg 

やっぱりモノアイは渋いです(*^^*)
この後は下半身や武器などを作っていこうと思います。




HG ZGMF-1000 ザクウォーリア その1

機体説明

「ZGMF-1000 ザクウォーリア」は連合・プラント間で交わされた停戦協定「ユニウス条約」の締結後に開発されたMS郡「ニューミレニアムシリーズ」の1カテゴリーである。(このシリーズは1000という型式番号からサウザンドシリーズとも呼ばれることがある)元々ザクの雛形となったMSは前大戦の末期に開発計画が進んでいた。即ちフリーダム・ジャスティスを完成させた統合設計局が次に目指した、核エンジン搭載型量産MSである。事実、第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦終結後に試作機は完成していたのだが、ユニウス条約の条項の1つである「軍事目的でのニュートロンジャマーキャンセラーの使用禁止」に抵触するために日の目を見ることはなかった。しかし、動力部以外にも高いポテンシャルを有していたこの機体本体はZaft Armed Keeper of Unity = "ZAKU"へと引き継がれることとなった。
ザクウォーリアは後に開発されることになったインパルスガンダムにおけるシルエットシステムの設計思想を先取りしており、バックパックの換装により様々な戦況に対応でき、カタログスペックではGAT-Xシリーズをしのいでいる。まさに栄光あるコーディネーターの未来をになうに相応しいMSである。



形式番号:ZGMF-1000
全高:17.19m
重量:73.09t
武装:MMI-M633、ビーム突撃銃、MA-MBビームトマホーク、手榴弾(ハンドグレネード)



今回のガンプラはザクウォーリア。
この機体に決めた理由は、ガンプラを買いに行った時に子ども2人に「どれがいい?」と聞いたら上は「これ!」とザクウォーリアを選び、下は「これかっこいい!」とアストレイレッドフレームを選びました


なので、まずはザクウォーリアからです(笑)

IMG_0427.jpg 
まずはパッケージ。
けっこう渋いで


IMG_0428.jpg IMG_0429.jpg IMG_0430.jpg 
上からAランナー、Bランナー、Cランナー。
Aランナーはダークグリーンに、オレンジ、ホワイトに分かれていて、
Bランナーは外装部のライトグリーン一色。


Cランナーは関節部などでグレーです。


IMG_0431.jpg IMG_0432.jpg 
PEパーツは2つのランナーに分かれていますが、1/3は使わないです。


IMG_0433.jpg 
シールはモノアイの1つだけ。



IMG_0434.jpg 

最後に説明書となってます。




箱を開けて、ランナーを見て、説明書を見てるとだんだんと早く作りたい願望が強くなります(笑)
こうしてみるとグリーンベースのカラーリングで結構渋くてかっこいいですね。



次回からはザクウォーリア作成に入ります。



スポンサーリンク

プロフィール

おっさんずガンプラ

Author:おっさんずガンプラ
おっさんが子どもの時の憧れだったガンプラをおっさんになって楽しんでるブログです。
小遣い制のためHGシリーズメインです(涙)

思いっきり初心者なので難しいことはわかりませんが、ガンプラを目一杯楽しみたいです。少しづつ色んな道具を使っていく予定。
いつかは改造とかしてみたい!

アドバイスとかコメント頂けると嬉しいです(*^^*)

最新記事

Mrフデピカリキッドが最高すぎる。 2019/02/14
水性アクリルカラー+アクリル溶剤で筆塗りが快適! 2019/02/12
スジ彫りに正解なんてない…って思いたい。 2019/02/11
ガンプラは長く楽しめます! 2019/02/08
スジ彫りの教訓。「とにかく優しく!」 2019/02/06

人気記事

検索フォーム

ガンプラ人気ランキング


ブロとも申請フォーム

QRコード

QR